人気ブログランキング |

遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ

2014年 08月 07日 ( 2 )


2014年 08月 07日

TREKワールド 2015②


別府選手が絶賛するバイク


TREKファクトリーレーシングの別府選手がTREKワールドに参加されていた。
TREKのスポンサードするチームなのだから当たり前なのだけど、
製品発表前の全日本選手権からエモンダSLRに乗っていたという。

プロは、良かろうが悪かろうが与えられたバイクで勝つのが仕事だ。
しかし自分がいいと思えるバイクで走れたなら勝利の可能性は僅かでも上がるはず。
そんな想いが別府選手の言葉やモーニングライドを共にして感じ取れた。

b0246207_08164020.jpg
b0246207_08163734.jpg
あくまで実戦仕様な別府選手のバイク、シートステー集合部にあるゼッケン台座が
プロ仕様を物語る。


b0246207_08163443.jpg
b0246207_08163285.jpg
b0246207_08163063.jpg
得意のダイレクトマウントブレーキ、またもやオリジナルの軽量ブレーキを開発。

b0246207_08164235.jpg
もちろん、プロジェクトワンにも対応している。





by ipsilon_fujiwara | 2014-08-07 08:26 | 新製品情報
2014年 08月 07日

TREKワールド 2015①

呆れるほどの…

今年のTOPICはコレに尽きるでしょう。
完成車重量4.8kg
今さらこんな軽量車を量販メーカーが出すなんて…
ひと昔前は、こぞって軽量を競い合っていた頃が懐かしいと感じる今日この頃。

この希有なマシンを見て、一番共感したのはハブだ。
実は私も軽量マニアだった頃(2007年くらい)があり、当時最軽量のカーボンフレーム(790g)に超軽量カーボンホィール、
AXライトネスのカーボンブレーキ・サドルなどを投入し実用できる範囲で、確か5kg台を達成したと思う。
このカーボンホィールに使用したのが、軽量ハブで有名なtuneだったのだ。

ほんとうにネジ一つまでチマチマと削り落しようやく5kg台だったのに、
現在の最先端技術とパーツでならいとも簡単に4kg台に突入する(笑)
すごい時代ですね…

しかし、私のバイク下りなどで不安をぬぐえずヒルクラ専用品の域をでなかった。
果たして、剛性感や挙動はどうなのか?興味は尽きない。

b0246207_21002556.jpg
b0246207_21002290.jpg
b0246207_20555465.jpg
b0246207_20554730.jpg
b0246207_20554529.jpg
b0246207_20553931.jpg





by ipsilon_fujiwara | 2014-08-07 07:42 | 新製品情報