遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 11日

石見グランフォンド200㎞&140㎞ ②

島根からわざわざWAVEにバイクを買いに来てくれた仲良しカップルさんとも再会し束の間の談笑。少し肌寒い海岸で控えめのブリーフィングがおこなわれいよいよスタート間近になってきました。

みんな早くからスタート地点にバイクを並べています。まぁ、先は長いし焦らんでもええでしょ。と思ってましたが、同級生で幼馴染は、昨年スタートに手間取ったとか…ウィリエール代理店の鬼脚Sさんは、スタートして大田市内が信号で待たされるとか、エイドで順番待ちが酷い…等、不安な情報が飛び交います。

とはいえ仕方がないので、落ちついてスタートを待つ。最初のスタートから10分くらいしてリアルスタートです。案の定、市街地を抜けるまでは信号に頻繁にかかります。ようやく石見銀山方面の丘陵地帯くらいになり棒状の集団となり進行します。

今回も基本・快速列車運行係の任務を担い前をたんたんと牽くのは私。この列車にただ乗りして挨拶もなく抜け駆けもどきを行う輩が幾人かいました。当然、暗殺の刑に…(笑)
快調なスタートかと思いきや…1時間もしないうちにいきなりパンクに見舞われます…速やかに修理し再スタートですが、この日はこのあと…
b0246207_22180500.jpg
↑ まだまだ元気ですね、余裕かまして大丈夫?


エイドステーションでは、必ずスタンプとサイン記入が義務付けされていて、各駅停車は必須です。第1CPではいきなり蕎麦です、配給を待つような群れに大人しくならび…
b0246207_22180379.jpg
↑もくもくと食べる(笑)


標高は低めだけど起伏が微妙に続く、木陰のエリアと日向の部分のコントラストが美しいい新緑だ。この緩いアップダウンは岡山にあまりない心地よい走路だと思う。
b0246207_22175989.jpg
50㎞付近の第2CPに到着、ここまで140㎞組と同走でいよいよ200㎞組は別れて山間部へ突入してゆくことになる。

第2CPの補給は、なんと“コロッケ”!! しかも挙げたての…
さすがにこれはスルーしたけど、140km組みは美味そうに食べてたな。
b0246207_22175613.jpg

いよいよ登りが始まり、見上げる先に続く登坂路…標識は9%、まぁそれほど激坂ではありません。どれくらい続くか知らない我々は兎に角ペースは控えめでイーブンに努めます。
山を切り開き作った、広域農道のようなところです。この道誰が使うの?という疑問が湧かないわけではないのですが…まぁこうして登ってるわけです。
b0246207_22505661.jpg

だらだらと続く登りがボディブローのように効いてきています、なんとなくピークっぽい雰囲気にもう終わりじゃね?と呟いたメンバーに、側を走っていた関西系おばちゃんが…
「まだまだよ、まだキツイとこあるけぇ~ね」だって。聞きたくねぇ~

眼下を見下ろすと、なかなかいい景色です。
b0246207_22175222.jpg
先ほどのおばちゃんと言うとおり、10%の看板が見えてきて更に登りは続きます。
いよいよリアルピークが見えた頃、幾人かがスパートしてピークを目指してゆきます。この中にさっきのおばちゃんも…
いくら“ゆるポタ”系とはいえ、これを許すわけにはいきません。
苦しそうなK藤さんを強制アシストしながら2人でこのおばちゃんをパスしてピークに先着しました。大人げねぇ~(笑)

激ダウンヒルを楽しみ一気に下界へ。






[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2015-05-11 22:58 | 旨いもの・ツーリング


<< 石見グランフォンド200㎞&1...      石見グランフォンド200㎞&1... >>