遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 26日

最速店長選手権、無念のDNF

応援は力になるのか?
それは間違いなくパワーアップに繋がった。




未だかつてない(自分比)応援をもらい成田に乗り込み、大会史上最強のメンバーとともに走った選手権。何せエントリーの中に、過去の全日本選手権チャンピオンが4名ですよ、鼻血もの! オリンピック・世界選代表はもちろん、実業団チャンプ等枚挙にいとまがない(笑)
中でも、還暦を過ぎてもなお走り続ける日本ロード会の師匠、森幸春さんと87年以来26年の時を経てまた走れるだけでロードマンとして最高に舞い上がるような気分を味わった。私がロードバイクに乗り始めた83年の当時既にベテラン選手といわれ、体格は決して恵まれないのに強いということが、私の憧れであった人だ。


さて天気は曇り雨で、予報通り。(いらんときに当たる天気予報)
誰よりも早く現地入りで余裕を持って準備を進める、着次と到着するツワモノ店長に挨拶したり楽しいひと時が過ぎてゆく。雨のない隙間を縫ってアップを行う、レースは1.5kmの周回コースを30周回する45km、5周回ごとにゴールラインにポイントがあるポイントレースだ。高低差のないコースにあいまってスピードマンに優位なレース。

昨年は同じルールで60kmだったことや雨ということで、早い段階からレースが動くと予想した。
距離が長ければ後半勝負ができるが、1時間強で終わるレースなら悠長にはできない。念入りにアップをしていたら、やはり他の店長たちも準備に余念が無い、相応のことをしてきたであろうことは見て取れるものだ。
私自身も上記の選手に恥じないよう精進してきた、失うものは何もないチャレンジャーとして臨むために。

カヤマの森江さんといたのだが、そこへ東京に転勤になった関口さんが登場!懐かしい顔に心が落ち着いた。何とこの日のために有給休暇を取得、一眼レフ片手にレースストーカー?のよう(笑)知り合いがいるとリラックスできる。開会式を終え、スタートグリッドに並ぶ。ローリングスタートでレースは始まった。
b0246207_21324463.jpg

b0246207_21325768.jpg



体感では昨年ほでではないがスタートからペースは速い。ウエット路面の状態を再確認しながら進むが、5周目の最初のポイントまでペースは下がらない。ほどなく1回目のポイントまで1周というところで、優勝候補の選手が飛び出しちょい逃げのママ逃げ切る。
この後もペースは落ちることなく活性化、優勝候補の阿部さんや西谷さんが積極的にペースを作り出す。前で展開しないと対応できないと思い7周目くらいから様子見で上がってゆく、調子はいいと感じた。そのポジションを維持するのにことさら無理をしなくともよかったからだ。
b0246207_2133144.jpg

b0246207_21325982.jpg


一方、定量データからみたら…序盤のまだ本気で踏んでいない状態で想定していたパワーをマークしていた。このあと、スプリントや仕掛け合いにどこまで耐えれるかは未知数だった。
b0246207_2133884.jpg

b0246207_2133127.jpg

b0246207_2133515.jpg



そして、9周目を集団2〜3番手で通過、次のポイントは絶対とっておくべきと判断する。計6回しかないポイント、勝負は1~2回の1位通過だからだ。
やはりポイント周に入り乱れる集団前方、ゴールラインが近付く…殺気立った雰囲気の中落ち着いてスプリント開始を見極めようとしていたら、ラインまで200mくらいでインから誰か抜いてきた、まだ早い…ギリまで耐えて加速を始めたその時!
コースは右コーナーを抜けてゴールラインまで100mほど、右側にいるインの選手がいきなり膨らみ寄ってきた、左隣には他の選手で詰まっている、バイクはコーナ途中でバンクしていた。一瞬のハンドル捌きによりフロントのグリップが抜けた…万事休す。

そのタイミングの落車なら後続はひとたまりもない。昨年、一昨年の覇者の大石さんや山崎さん、大先輩のタクリーノ上坂さん、実業団チャンプ新保選手ら数名を巻き込んだ大落車となってしまった。

落車しても1周回、メカトラでも2周のニュートラルがあったので即座に起き上がるが、サドルがあっちを向いていて走行不能。リアエンドも曲がり事実上無理だった、力を出し切ることなくDNFが決定。
いろんなことが頭をめぐった…しかし、目の間には走行不能のバイク、現実を受け入れるしかなかった。

気がつけば、スタッフや森江さん、関口さんが怪我を心配してくれていた。見れば、ジャージはボロボロに引き裂かれドメスティックバイオレンス並みの破れ方だった(笑)
擦か傷が浅いが広範囲で、手当がめんどくさそう…ボトルの水で兎に角洗い流す、この時点で泥や異物を残さずようよく洗うのが大事。※病院とかでハブラシで擦られるらしいよ、僕はいかないけどね
コースは、いつの間にかかなりの雨量になっていた。

ペースは相変わらず速い様子…





駄菓子菓子

これ以上は、サイスポ発売までお預けですね。
素晴らしいレースが展開されていました、どこまで絡めるのか走りたかったけどね。
来年まで1年長いけど、またリセットして頑張るしかないのかな。

今回の落車はレースに於いて大きなポイントになってしまった、主たる当事者として大変申し訳ない思いでいっぱいです。そして、今日インから膨らんだであろう店長から連絡があった。雨でスリップして膨らんでしまった、落車の原因をつくって申し訳ないと。誰も悪意でそういう走りはしているはずがないし、まして仕事をしている店長だしね。それを想定できず未然に防げなかった自分もいる。わざわざ連絡してもらい、心のもやもやが晴れてよかったと思う。

最後に、今回ほど事前に沢山の応援をもらったことはありませんでした。ほんとひとつひとつが嬉しかったし、励みになりました。その思いに応えたいということが、モチベーションの源泉にもなった。調子も現によかったしね。応援してくれたみなさん、ほんとうにありがとうございました。期待した結果は返せなかったけれど、これでへこたれたりはしません。いつかまた喜んでもらえる走りをすると誓いたい。

※写真提供:トーマス関口さん




◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-26 17:55 | レース活動
2013年 09月 23日

全日本最速店長選手権に向けて

強さは、気持ち×情熱であると証明したい。

サイクルスポーツ誌主催の全日本最速店長選手権が25日(水)に千葉県成田市のフレンドリーパークで行われる。昨年、店長になりたてのタイミングで出場させてもらったのだけど、今年は本来の店長業務をしながらの参加。今年は実は真夏の疲労が激しく出場は無理かもしれないと考えていた。

やはり走ることを主体にできたスタッフ時と違い、曲がりなりにも店長として仕事を全うしようとすれば純粋に走りに没頭することは難しいことは明らかで、練習不足から春先のパフォーマンスは例年からしたら低調だった。メインレースに据えていた、広島・岡山県ロードもイマイチに終わり、代表になった中国地域ロードも業務が重なり不参加となる。6月以降の練習は激減し、早期の夏バテがはじまりかつてない低レベルな次元を彷徨った。

今期の業務拡大計画を考えたとき、まともに走れる店長選手権はもう最後になるかもしれないという気持ちが、失いかけたモチベーションのスイッチを入れるきっかけとなる。もう一つは、真冬から走り続けてきた朝マックの盛り上がりだろう。
週末はショップ主催というかたちで練習を企画するが、平日はメンバーの自主性を大切に考えなるべくメンバー主体的に練習をおこなうサポート役を担ってきた。
そこで、明確な目標を持つメンバーに刺激を受けながら、コツコツと参加を積み重ね強くなってゆくメンバーを見るに、やはりみんなと共に私も頑張らねば…と感じたのだ。
体調管理に過剰なまでに気を使い、マッサージに通い、なんとか練習を継続しようやく戦える次元に辿り着いたかなと思う。

8月~9月にかけて、どちらかというと自分のメニューを優先させたにも関わらず、多くのメンバーが快く付き合ってくれたこと、またウェーブのメンバーのみならず、岡山の他ショップ所属でありながら、練習で協力してくれた多くのローディーのみなさん、そして練習を安心してできる環境をつくってくれたスタッフのみんなに感謝いたい。自分ができることは、協力応援してくれた方の気持ちをパワーに変えて魂込めて走ることだけ。

みんなで切磋琢磨して走ること、目標を持つこと、強い意志を持ては必ず強くなれる、それを身近で走る仲間が立証してくれるのが嬉しいです。また仕事も同じで、みんなで同じベクトルを目指すことでいい会社になれるし信頼できる仲間とする仕事は辛くとも頑張れると思うんです。そんな仲間に囲まれ幸せだと実感しています。

成田で素晴らしい経歴を持つ選手たちに混ざり、恥ずかしくない走りを必ずしてくる約束をします。
そして今夜、帰る時に御守りを頂きました…
これは涙腺が緩みましたねぇ…。これを表彰台で高々と掲げたいね!
ありがとうございました。


b0246207_225296.jpg





◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-23 22:11 | レース活動
2013年 09月 16日

愛のチーム練  (愛宕山レース対策M練)

台風に蹴散らかされた3連休

この週末にはレースが目白押しで、目標に頑張ってきた仲間が多数。
駄菓子菓子、
日本列島を直撃した台風により、多くのレースは中止に追いこまれた。
レースが無くなる、もしくは不参加を仕方なく決める想いは計り知れない…
自分のやってきたことが試せないのは、すっきりしないものがあるだろう。

来週にレースのある私も、今週は頑張る週。
だけど、昨日は雨でDNSそして昨夜の予報は芳しくなかった。
小雨決行で練習予定を入れるも、参加できる仲間は皆無…唯一丸福さんが参加意思をくれた。
早朝、台風による強風がひどく後ろ倒しのアナウンスにより丸福さんはDNSに。

ソロ追い込み練習に選んだコースは、聖地「愛宕山」
早出で仕事をする中、書き込みが…
赤マドンさんから、9時に合流します…と。
土曜日に微熱があり休養されていたのに、無理をして参加してくれたのだ。
これには目頭が熱くなる想いがあった。
彼は今でこそ、岡山プッチモニで沢山の仲間と切磋琢磨できる環境を構築したが、
数年前、遥か未来を見据えて二人でよく走りこんだのもだった。

そして久しぶりのランデブー練習、今日のテーマは90分ガチンコペース練習。
レースを想定したコース、そして想定負荷を決めて走りだす。
言葉はいらない、走りだせば意図は通じていた。
たんたんとペースを守り走る、ペースが落ちれば即座に渇をいれるようにローテ、測ったようにLAPを刻む。
45分経過くらいからきつくなってくる、そしてコースの先に見慣れた後姿があった。
昼前から予定がありDNSになった丸福さんだ、この姿にも熱くなるものが…。

合流した丸福さんにより、ペースがあがる…ギリギリのペースを刻むところにこれはキツイ。
もうレースさながらのキツさMAX、じわじわと付切れしかけたその時…
ブリッジをかけたのは赤マドンさんだった。ほんとうに強い、強くなったな~と。
そして時間切れの丸福さんが途中離脱、腰痛に苦しめられたがなんとか予定の時間を走りきる。
強風によりハンドルを取られるようなコンディションだったけど、イメージしたパワーも確認できた。
チームメンバーがお互いに協力しながら、高みを目指すこと…チームという枠組みであるからには
絶対なくてはならないものと思っていたが、それを私がチームメンバーから頂くとは…
ほんとうに恵まれていますね、ありがとうございます。

現状でクリアしたいベースパワーはとりあえずOK、残すは…
あと数日、やることやって望みます。



◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-16 22:04 | ロード上級・M練
2013年 09月 13日

Wilier Cento 1 SR

2014Mの新色、ブラック/ホワイトXS。※2013Mからは大きな変更はなくカラー変更程度です。

新型Airの乗り味の良さに期待を込めて…実は私(店長)のバイクです。


2シーズン乗り続けているコルナゴC59が気に入らない訳ではありません。

イタリアで見て感じたウィリエール社が100年以上も続く老舗である理由を感じたから。

そして期待以上の出来に正直驚きました…

やはりレーシングバイクならではのフィーリングにニンマリしたのですね。

とにかく懐深いバイク、乗り手を選ばないというより優しく包み込む懐深さがあります。

ベースのCento1ももともと優しい乗り心地でしたし、新型Airは驚くべきしなやかさを持っていました。

SRには期待するロードに必要な、

「走る・曲がる・止まるを高次元でバランスさせながらレスポンスいいもの」であったのです。

じゃ、C59とどうかは…また別のところで(笑)


b0246207_22273066.jpg

b0246207_22272833.jpg

b0246207_22272533.jpg


独特のTOPチューブ形状で短いヘッドチューブを実現、ポジション出しが容易になった


b0246207_22272373.jpg


特徴的な左右非対称のチェーンステー、極太のもので硬さが懸念されたが全く問題無し


b0246207_22272072.jpg


空力もノーマルロードの中では優秀なほうになるでしょう、カムテール系ですね。


b0246207_2227189.jpg


剛性を謳うBB386、個人的にはノーマルBBが好きです。私には過剛性?かな


b0246207_22271123.jpg

b0246207_2227145.jpg


少なくなったインテグラルタイプ、スマートだけど汎用性は…これはOPの軽量バージョンです。


b0246207_2227738.jpg

しなやかさに寄与するシートステーは、横側に潰されている。


やっぱり、イタ車にはカンパニョーロが似合う!


b0246207_06581502.jpg
ペダルレス付の測定です。充分軽いですね!




[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-13 22:36 | 新着バイク
2013年 09月 10日

倉トラを見て思ったこと

ディフェンディングチャンピオンの高橋泰夫氏が連覇

b0246207_210833.jpg


b0246207_2102741.jpg



トライアスロンで勝つことの価値はどれほどのことなのだろう…。

私は競技者の端くれとして観戦していて、高橋氏の走りに共感し感動した。


バイクコースの折り返し手前で観ていて、そこに最初に来たのは2位になった選手だった。

前を見据え、いいリズムで踏めている様子だった。遅れる事10数秒…高橋氏が来た。

力強いぺダリング、しかし息はあがり明らかにハイペースな印象。

それでも、前を行く選手に必ず追いつく(勝つ)という気持ちが見ている私には伝わってきたのだ。

それ以降の選手にここまでの気持ちを感じる人は残念ながらいなかった。

トライアスロンは過酷な競技であることに異論はない、だけど勝負にこだわるTOP選手がもっと

賞賛されてもいいのではないのか…勝利に対してどれほどのことを積み重ねてきたかは、

限られた人にしか理解できないだろう、でも少なくとも高橋氏はその次元のことをしている。

来年は、優勝争いに絡むハイレベルな選手の参加を期待したい。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-10 00:55 | 塾長の独り言
2013年 09月 09日

第3回 倉敷国際トライアスロン大会 ③

チームwaveに交流あるチームの方も気づいたら撮りました。

不要な方は削除しますので、ご一報ください。


b0246207_1945169.jpg

b0246207_19455093.jpg

b0246207_19462180.jpg

b0246207_19464521.jpg

b0246207_19465487.jpg

b0246207_19471843.jpg

b0246207_1948344.jpg

b0246207_1949150.jpg

b0246207_19492388.jpg





◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-09 19:50 | レース活動
2013年 09月 09日

第3回 倉敷国際トライアスロン大会 ②

コース上で一番ピークになるバイクコース折り返し地点前に行ってよかった。

厳しいところで頑張る人には必ず応援は後押しになる、頑張るシーンをみたら

こちらも嬉しいしね。

しかし、道なき道をトレッキングもどきで歩いたので、結構アドベンチャーな気分を

味わいました。来年?そうねぇ、やっぱり選手のほうが楽しいよね。



b0246207_2111758.jpg

b0246207_2111694.jpg

b0246207_2111483.jpg

b0246207_211799.jpg

b0246207_211572.jpg

b0246207_211364.jpg

b0246207_211111.jpg

b0246207_2105960.jpg

b0246207_2115917.jpg

b0246207_2115657.jpg

b0246207_211557.jpg

b0246207_2114062.jpg

b0246207_2113671.jpg

b0246207_2113016.jpg



◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-09 00:13 | レース活動
2013年 09月 08日

第3回 倉敷国際トライアスロン大会 ①

毎年、多数のメンバーが参加する地元大会。

昨年は猛暑のなか、今年は小雨降る中行われた。降雨によりバイクが短縮されたのが残念。

取り急ぎ、バイクで頑張るカットを載せます。靄やガスで写りが悪くすいません。


新しいトラジャージよくわかりません、探すのに一苦労(^_^;)

見落とした方ごめんなさい。


いつも思うけど、キッドさんかっこいいですね! 

b0246207_2155152.jpg

b0246207_2154842.jpg

b0246207_2154568.jpg

b0246207_215622.jpg

b0246207_215412.jpg

b0246207_2145998.jpg

b0246207_2145522.jpg

b0246207_2145377.jpg

b0246207_2143834.jpg
b0246207_2185290.jpg

b0246207_2185539.jpg






◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-08 21:11 | レース活動
2013年 09月 02日

TREK WORLD 2014 ④

b0246207_7295325.jpg

毎年思いますが、広い会場でゆとりの展示はいいもんです。



プロジェクトワンが4シリーズに対応する!?

従来、ハイエンドモデルのみのカラーオーダーがミドルクラスに適応できるようになりました。

カラー選択の幅が少ないのがTREKの弱みでしたが、ここを改善です。

4シリーズのモデル車いかがです?

b0246207_7295110.jpg

b0246207_7294510.jpg

b0246207_7294281.jpg




実は地味に展示しているが、私の気になったのはこちら

b0246207_7293832.jpg

b0246207_729361.jpg

ドマーネでしょ?って、そうですよ。でも何かが違う、解る方は通ですね。


◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日・木曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-02 07:38 | これ、いいじゃん!
2013年 09月 01日

TREK WORLD 2014 ③

ロードの目玉はやはり7シリーズか。

数年前から毎年乗って感じることがある、それは間違いなく乗りやすさを高めてきていることだろう。

2010Mか2011Mだったか、試乗車にのって驚愕したことがある…あまりにガチでどうしょうもない

と感じたからだ、こりゃ使えんと。

個人の好みの範疇だがロードレースで使うにはまず気を使うことなく安心して身体を

預けることができることが最優先だと思うが、トリッキーなハンドリングは集中力が続かない。

2013Mで先行してドマーネが登場、極めて安心感ある乗り味に感動した。

そして、昨年のTREKワールドで新型7シリーズを期待して乗ったが、結論はドマーネの勝ち。

それほど、ドマーネの出来はよかった。


で、今年どうだったのか?

僅か1年でチェーンステーをマイナーチェンジ、やる気が感じられる。

プロチームの全面サポート、本気度が見える!

新型7シリーズは、極めてドマーネに近づいたと思う。レスポンスやキレの良さはそのままに

トラクションやダンピング性能が向上、これはいいです。やはり世のトレンドは乗りやすさです。

2013Mで、TIMEもピナレロもコルナゴも総じてそのトレンドを高めて来た。

TREKもレース現場からの声を反映したのだと思います。

ブレーキはどうするのかな、もうディスクの流れは確定的か…。


b0246207_833985.jpg

b0246207_833638.jpg

b0246207_833125.jpg

b0246207_833063.jpg

b0246207_8325544.jpg

b0246207_8325081.jpg

↑ 新しいチームカラー、どっかのイタリア製メーカーと似てる?


◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 
サイクルショップ ウェーブ

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時30分〜20時 
        (祝 9時30分~19時)
        (土 9時30分~20時)
        (日 13時〜19時)
●定休日 水曜日・木曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2013-09-01 08:34 | これ、いいじゃん!