遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

Specialized VENGE EXPERT

スペシャライズドの人気エアロロードです。

オーナーは180cm近い長身の方ですので、フレームもエアロ形状が効果的です。

デフォルトのホィールは即ローラー用になり、MAVICのコスミックカーボンで脚元も武装。

バイクフィットデータによるフォームカスタムでステム長も変更しています。


b0246207_22225247.jpg

b0246207_22224923.jpg

b0246207_22224755.jpg

b0246207_22224526.jpg

b0246207_22224159.jpg

b0246207_22223964.jpg

b0246207_22223743.jpg

b0246207_22223410.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-30 00:16 | 新着バイク
2012年 11月 29日

REDREY FENIX

リドレーのエントリーカーボンフレーム。

アルミ入門バイクからの乗り換えをされました。
パーツは流用したものもありますが、大事に使用していたので組み換えしても見劣りなし。

リドレーらしいオリジナルなパイプ形状、剛性が高そうなPFのBB30、ケーブル内蔵処理、電動対応などエントリーモデルとは思えない造りです。

今年のリドレーは意欲的ですね。

b0246207_2291152.jpg

b0246207_229976.jpg

b0246207_2297100.jpg

b0246207_229311.jpg

b0246207_229152.jpg

b0246207_2285267.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-29 22:11 | 新着バイク
2012年 11月 24日

TREK MADON2.3 デュラ9000チューン

ついに鳴り物入りで、デュラエースがモデルチェンジして11Sになり登場!

79系はハンドルにケーブルを沿わすことで、フリクションが増大し決して軽くないレーバー操作になっていた。

世の中、電動化が急速に進む中で今回ワイヤーシステムをデュラで出す必要がある?
と思っていたのだけど、使ってみてやはりこれはこれでいいものだと納得できました。

世の中、デュラといえどすべてがレースユースではありませんからね。
素晴らしい使い心地をみなさんに体験してもらおうと、MADONを全バラにして組み直した。

カーボンが主流になり久しいですが、アルミのダイレクトな乗り味が好きな方もいますよね。
フレームだけ売ればいいのに…と思うのは、私だけではないはずです。

軽量なC24というホィールでさえ、アルミのシャープな走りを実感できるのはスゴイですよ。

是非、ご体感ください。


b0246207_21381669.jpg

b0246207_2138129.jpg

b0246207_2138877.jpg

b0246207_21381429.jpg

b0246207_2138695.jpg

b0246207_2138483.jpg

b0246207_2138216.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-24 21:41 | 仕事の流儀
2012年 11月 24日

Wilier Cento 1 Superleggera

ウィリエールの名車 チェントウノの軽量バージョンSL(スーパーレジェーラ)

今年新色のマットブラックです。

シンプルなカラーリングに、カンパ・コーラスフルセット。
カラーはブラックとホワイトが中心のセンス溢れるセレクトになっています。

往年のローディが喜ぶのは、スキンサイドのビットリアのタイヤでしょうね。
近頃はブラックサイドがスタンダードですが、やはり本物のロードはこのカラーを纏いたいものです。
オール・イタリアンパーツで組まれたバイクは漂うムードがレーシーになりますね。


b0246207_2263884.jpg

b0246207_2263370.jpg

b0246207_2263548.jpg

b0246207_2263144.jpg

b0246207_2262875.jpg

b0246207_2262576.jpg

b0246207_2262386.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-24 00:03 | 新着バイク
2012年 11月 23日

GIANT  FS TCR ADVANCED SL ISP

GIANTのハイエンドフレームを電動アルテでセットアップしました。

バイクフィットのデータで組み上げると、あたかも自分のバイクだったようなフィット感です。
オーナーの来期に賭ける意気込みが感じられる1台ですね。


電動仕様のフレームは、配線やバッテリー設置がスマート。
スピード・CADセンサーも内蔵され見た目もスッキリ!

ブレーキは、オーナーのこだわりでデュラ9000を奢る、クランクはパワー計測機付き。
極太のステムがパワー感を誇示しますね。

シンプルなホワイトカラーのFFWDがブルーのマシンにマッチしています、
海岸線を疾走するシーンが似合いそうなバイクに仕上がりました。

さて、シェイクダウンは…

b0246207_21294359.jpg

b0246207_21291538.jpg

b0246207_21291881.jpg

b0246207_21292347.jpg

b0246207_21292516.jpg

b0246207_21291099.jpg

b0246207_2129853.jpg

b0246207_21293785.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-23 21:38 | 新着バイク
2012年 11月 22日

テストライドvol3   TIME・オルベア・カレラ・MULLER

明日から3連休、ビックブランドのフラッグシップに乗ろう!

今年モデルチェンジしたZXRSが来ます。

b0246207_2255827.jpg



また、シマノ・デュラエース9000系11スピード搭載のマドンも完成。

こちらも遠慮なくどうぞヽ(^o^)丿



しかしZXRSは、私にとってはサイズがデカ過ぎで乗れない(-_-メ) 悲しい…。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-22 22:56 | イベント情報
2012年 11月 21日

去りゆく秋を追いかけて

MULLER MTiで1dayツーリングに出かけた。


24日から試乗会予定のMULLERだけど、昨夜2台早々とショップに届いた。
そのうち1台は、前回未試乗のチタンバイク。しかもサイズは僕にピッタリではありませんか!
これは、MULLERオーナーの心意気か罠なのか(笑)
早速閉店後にポジションを合わせて自宅に持ち帰った。

夜更けににんまり見ていたら、なんとクランクが175㎜なことに気づく!
慌てて自前の170㎜に付け替え、気づけば深夜1時(;一_一) 今朝は寝坊。

デフォルトの純正カーボンホィールは外し、いつもの練習ホィールを使用。
パワータップでパワーも確認しながら走る仕様にて、目的地はないけどやはり北方面へ。
佐山から空港経由の吉備高原を走って、MULLER MTiを一言でいうと

「五感を使い、季節を感じながら走るのが一番似合う」


今日は、ここ数日の寝不足からかパワーデータは低調だった、調子は良くなかったかな。
走り始めはついつい頑張ってしまったが、後半に峠道をゆったりと走り気づいたこと。
MULLERのチタンバイクは、呼吸を整えて走るほうが楽しい。

イーストンのカーボンフォークの影響が大きいのだろうけど、ハンドリングは極めてニュートラル。
クロモリよりもマイルドで乗り心地は良い、かといって柔らかいわけではない。
登りは急勾配をダンシングで走るよりも、緩斜面をシッティングで走るほうが心地いい。
下りやコーナーも不安は無いが、タイトコーナーよりも大きなアールのコーナーが得意だ。
要するにレースバイクではなくてグランドツーリングバイクということ。

道路の規則的な凹凸を乗り越えた際の振動音が、フレームのパイプに共鳴しなんとも
いえない音が聞こえた、まるで管楽器のような…?
まるで、生き物のよう…そう、このバイクはアスリートでななく、アーティストなんだ。

お気に入りの峠の一つをまったりと走りながら、吉備高原の晩秋を楽しんだ。
紅葉はすっかり過ぎ去って、落ち葉が積もるほどの状態で山並みも赤系でなく茶系が目立つ。

それにしてもバイクって、季節の風や山々の匂いや香り、鳥や小川のせせらぎの音などを
感じながら走れる素晴らしい乗り物だと再認識。
トレーニングでは、神経を集中させると全てが内向きになり邪念は消え去り、視界は狭いし
周りの音なども気にならなくなるんですね、全く正反対(笑)

さらに、気づいたこと。
自分の評価基準がレース仕様になっていること(;一_一)
いかに楽に速く走ることができるのか…って、バイクの楽しさはそれだけではないのにね。

しかし僕がチタンバイクに乗るのは暫く先のことだろう、
だって速く走ることが何よりも好きだからだ(笑)
そうそう、この間いいなと思ったステンレスバイクとの相違点を検証しなければ。


b0246207_20464921.jpg

b0246207_20463885.jpg

b0246207_20464088.jpg

b0246207_20464267.jpg

b0246207_20463461.jpg



今日走った峠は、建部から加茂川へ抜ける鳩ヶ鳴峠、あまり護岸されてない峠道は貴重だ。
木々が生い茂り夏は避暑の道としても最高。この峠のピークに素敵なカフェができていた。
しかし、オープンは土日のみ。今度是非訪れてみたい。


あっ、この鳩ヶ鳴峠だけどピークのバス停に違う名称が…ホンマかコレ?
b0246207_204647100.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-21 20:59 | 旨いもの・ツーリング
2012年 11月 19日

11/19 朝マック

熱さVS寒さ

今朝も走ってきました。
メンバーは、R34・A野・パン屋女将・私も4名

綺麗な朝焼けで東の空が赤紫色から明るくなってゆく…。
今朝も気温は4.1℃あたりで、指が痛い (+o+)
ローテションしていたら寒さは感じないけど、終了後のダウンでは
一気に冷えて来る、真冬をどう乗り越えるかで、来年の走りが決まる。

また頑張りましょう~
ペースはイーブンなれど最後までついてくる女将はすごいね。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-19 07:30 | ロード初級+練
2012年 11月 18日

“おきなわ” に届け、熱き仲間の想い

いよいよ、来週に迫ったツール・ド・おきなわ



実は今年の目標で私も210㎞に参加予定でした。
しかし、お粗末なエントリーミスをしてしまい、参加資格なしで一足早いオフへ突入しました。

Waveからは、赤マドンさん・鷹さん・私の予定でしたが、私のミスで210を一緒に参加する
予定だった鷹さんはDNS、ほんとうにすいません。

結果的におきなわ行きは、赤マドンさんのみ。
その赤マドンさんを送り出すM練も今週が最後となりました。
メンバーは生粋のMメンバー、赤マドン・マーシー・パン屋女将と4人。

おきなわ対策4回シリーズは、雨にたたられ中止が2回。最終回は鷲羽山・由加山系へ。
約100km、1500mアップのリアルレースシュミレーション。

前記したように、既にオフモードの身体は日に日に衰えていて2週間前のM練から
まともな追い込みをしていない私もサラ脚というより… (;一_一)

アップ走に応援参加してくれたパン屋女将、Jシリーズが終了してオフ入りしているマーシー、
主役の赤マドンさん、そして私で練習スタート。
昨日の雨から天気は回復し気温もまずまず、風が時折強めだけど練習日和だ。


48歳でありながら、今年見事にレベルアップを遂げた赤マドンさん。
この1年、どれほどおきなわを思い描き走ってきただろう、来る日も来る日も…
誰もがWaveを代表して参加する赤マドンさんの活躍を祈っていて、
そんな想いを抱きながら今日は無言で走り続けた。

疲労のピークを迎えた身体には、キツイ練習だったに違いないが1週間調整すれば
ベストな状態で臨めるものと確信している。

レースでは、仲間のいない孤独な戦いだけど、心の中に仲間がついている。
夢描いたシーンが実現できるよう、岡山から祈り続けたい。


b0246207_22105841.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-18 22:12 | ロード上級・M練
2012年 11月 15日

11/17~18 今週末の予定

昨日から一気に冬が来たって、感じですね。
気持ち良い秋はほとんどありませんでしたね…悲しい~(+_+)


週末も雨予報ですが、
晴れるようなら走りましょう。


17(土) 中級ロード練

18(日) M練 おきなわ対策完結編


掲示板で詳細ご確認ください。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-11-15 22:05 | イベント情報