遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 29日

MULLETR   オヤジの琴線に…

今年の展示会で気になるバイクだった、MULLER

チタン・クロモリ・そしてステンレスのラインナップを揃える新興メーカー。
出どころは不明?の新進気鋭ブランドで、興味があるブランドでした。
そんなMULLERさんから訪問の連絡を頂き、今日来店頂きました。

クロモリのレーシングバイク2台、ステンレス1台、クロモリノーマル1台、
クロモリ・スポルティーフ1台とガッツリ乗らせて頂く。
今日は気合いを入れて乗るために、昨日はナカガワを久々に乗って感覚を研ぎ澄ましていた。


【主観的な総論】
ステンレスの持つ独特の輝きと、一生モノとしての所有欲を満たすところが◎
乗り味はクロモリと別ベクトルの包み込むようなしっとり感が堪りませんね~
自分の世界で自己完結できる楽しさ・喜びがあります。※レース用ではないな

ラグ付クロモリは、古き良き時代のクロモリそのものを思い出させてくれた1台。
昔むかし乗ったバイクを思い出させてくれる1台となるでしょう。

ここで書くことではないかもしれないが、レース用のものは皮肉にも
自分のバイクの良さを再認識させてくれることとなった。スイマセン、あくまで主観。

いゃ~いいバイクだと代表と意見統一につき導入即決!
バイクの良さもさることながら、直々にきてくれた女性代表が明るく素敵な人だったことが
決めてだったのかもしれませんね(笑) 最後は人なんですね~。

このバイクの良さは、実際に触れて乗る以外にないでしょう。
なので、試乗会も決定しました。

11/24(土)~25(日) 素敵な女性代表が来ますよ!

b0246207_21422434.jpg

b0246207_21422015.jpg

b0246207_21421842.jpg

b0246207_21421632.jpg

b0246207_21421437.jpg

b0246207_21421242.jpg

b0246207_2142107.jpg

b0246207_2142714.jpg

b0246207_214246.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-29 21:59 | これ、いいじゃん!
2012年 10月 28日

マスターズ フォト③

チームのあきぼうさんが応援と撮影に高知に来てくれました。

いつも素敵な写真ありがとうございます。

b0246207_7123089.jpg

b0246207_7124886.jpg

b0246207_7123576.jpg


http://yahoo.jp/mMmXf2
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-28 07:14 | レース活動
2012年 10月 24日

マスターズ フォト②

b0246207_2142037.jpg

b0246207_218523.jpg

b0246207_2141148.jpg

b0246207_2141583.jpg

b0246207_2175852.jpg

b0246207_214593.jpg

b0246207_214781.jpg






青江さん、ダウンロードして下さい。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-24 21:10 | レース活動
2012年 10月 24日

マスターズ フォト①

女子の部と1部しか撮影できませんでした。

今回は、不作でごめんなさい。

b0246207_2114266.jpg

b0246207_211454.jpg

b0246207_211403.jpg

b0246207_2113856.jpg

b0246207_211346.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-24 21:03 | レース活動
2012年 10月 24日

TREK MADON6 プロジェクトOne アルテグラDi2

今、ノーマルのロードバイクで一番空力に優れているのは、マドンでしょう。

スピードコンセプトからのフィードバックで、独自のパイプ形状が目を引きます。

リアブレーキもBBにセットアップ。カラーもブラックボディに真紅のTREKロゴが眩しい!

オーナーは、女性トライアスリートです。

2013年は、皆生のロングを目指しバイクパートに一番注力しています。

自己の能力を伸ばし、ポテンシャルを最大限に発揮するためにマドンを選びました。

灼熱の皆生の空気をマドンで切り裂け!

b0246207_1746835.jpg

b0246207_17461088.jpg

b0246207_17461366.jpg

b0246207_17461632.jpg

b0246207_17461588.jpg

b0246207_1746189.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-24 17:54 | 新着バイク
2012年 10月 24日

COLNAGO C59 アルテグラDi2仕様

2013Mで3シーズン目のC59ですが、未だマシンの潜在能力はトップクラスです。

オーナーはトライアスリート、バランスの取れた走行性能を求めておりC59を選択したのです。

2013シーズンは、かつてない取り組みで、いい成果を出して欲しいものです。

b0246207_17374620.jpg

b0246207_1738015.jpg

b0246207_17375333.jpg

b0246207_17375760.jpg

b0246207_17375047.jpg

b0246207_17374473.jpg


私は、トライアスロンはやりませんが、ロードバイクの扱い方でバイクパートを武器に変えること

ができると断言しています。いつでも応援しますので、ご相談くださいね。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-24 17:40 | 新着バイク
2012年 10月 23日

日本スポーツマスターズ2012 高知大会

石川大会、あれから1年…私も大きな変化がありました。
週末バイトから、正社員スタッフへ。そして今は店長という役割を頂いています。

今年の大きな目標は、このマスターズ2連覇を掲げた訳ですが未達に終わりました。

言い訳がましいことは無しですが、備忘録としてレースレポートを、これを戒めにして
またチャレンジャーとして出直します。


夏バテから大きく調子を崩し、リライトに終始したこの1ヶ月…
2週間は、スプリント勝負のタイミングとスピード強化に費やした。
この時点でゴールスプリントを意識しているわけで、もう既に自分の戦いに負けている。

コースは、2008年に開催された時とほぼ同じコース ※一部地形が変化
跨線橋があるだけで、完全フラットコースの45.6km
平地巡航パワーとスプリント力の無い私には極めて不利なコースです。
2008年は、途中で逃げたりしたが最終的にゴール勝負となり3位。

スタートリストを見たら、優勝候補はペダルの松井選手、元全日本チャンプであり、独走力も
スプリント力も申し分ありません。岐阜の笹原選手、ピスト選手でスピードがあるらしい…?、
2008年優勝の下村選手、前回は見事なスプリントでした。
四半世紀ぶりに再会する実業団時代の友人である羽田野選手、当時はスピード・キレがありました。

土曜の早めに高知入りして、牧野植物園にて酸素を充填して無酸素対策を施す。
食事は鰹のたたきという良質のアミノ酸を大量摂取、前日までの讃岐うどんカーボローディングで万全。
植物園で考えた最終戦略…
松井選手をマークしながら…他の選手の動きからのカウンターアタックで数人の逃げを成功させること。

当日は、快晴に恵まれ暑いくらいの運動会日和。

2部の1分後となる10時52分スタート

思ったより元気に始まった、周回コースは15周だけどそこそこのペースは数周で落ちつく。
おっさんは、あまり前を牽かない。
もちろん自分もなのだけど…周りをうかがいながらの周回が続く。
中盤には、松井選手のテストアタックのような動きが数度。
まったりペースに嫌気をさして、ドカンといくだろうと推測。
他の選手の動きに乗じてカウンターをかけるタイミングを伺うが、イマイチ大きな動きなく周回を消化してゆく。
気がつけば、残り8・7・6周と進む。

残り4~3周のタイミングを逃し、残り2周、ラスト1周、最悪の集団スプリントへ進行…。
牽制しながらを進む、跨線橋ぐちゃぐちゃ入り乱れるが、右わきを松井選手が上がる
前を塞がれるが下りながら右が空いて、番手を取ることに成功。
このままスプリントになれば最後のひとモガキに賭けるのみ、
このコースはを下りな跨線橋がら真っすぐ直線ゴールなので見通しが良い。
ついつい早めにスプリントをしがちなところが特徴。
2008年に経験していることは、早がけした選手はほぼ失速している。
なので、この2週間のシュミレーションでも、試走で幾度も自分の距離は確認した。

下りきってタイミングを計ろうと考えるやいなや、
なんと友人の羽田野選手が、下りきる前にアタックした。
一瞬躊躇する集団…ワンテンポ遅れで加速を始める集団、右手先行する羽田野選手、
左手に笹原選手が見える、そして松井選手が加速を始めた。
番手から同時に合わせロックオン。

??? えっ、離れてゆくではありませんか…。

ほぼかけ下ろし状態のブリがついた状態で離されるって、滅多にありません…
もう全く排気量に違うクルマで競争するがごとく差が開く。
しかも松井選手、左手前を走る笹原選手をシカトした一気捲りです、唖然…。

もう全く勝負になりません。

ゴールが近づいてきた、残り200mほどか…順位は4位
このまま終われない。

残り100m、羽田野選手が失速し捉える。
そして、残り50m
笹原選手も失速…ぎりぎり並ぶ…なんとか差し切り2位でゴール。
※ちなみにゴール地点で、時速60kmをマーク。2008年は58kmでしたね。

なんとも遣り甲斐のないゴールだ。

実力を考えれば、2位は最高の出来だと客観的に理解できる。
しかし僅かの可能性でも勝つことに全力を注いだのか?と自問自答したら…
やはり納得できないものがあるのは明らかだった。

このあと、1部でプッチ仲間の青江さんが独走逃げきりで優勝、藤井さんも共に逃げにのった。
そしてディフェンディングチャンプの五郎ちゃんは、青江さんを単騎追いかけ飛び出し追走。

2部では、優勝をかけて元チームメイトのぐちさんが、スタートアタックからのエスケープ、
その末のゴール勝負で2位。

練習仲間やチャンピオンの素晴らしい走りに、自分自身の走りを恥じた。
自分には、周りに魅せる走りと結果が求められている…

人を魅了した走りと結果を今度こそと、心に誓い高知を後にした。


それでも、良いことも沢山あった。

チームWaveでは、パン屋女将が3位をゲット!非凡な才能を見せた。
プッチ仲間も青江さんの優勝をはじめ、ゼイダさんの入賞。
チーム岡山も安東さん優勝、三村さん、堀田さん、梶谷さん入賞、師範山本さんも入賞。
かつてない活躍に1年の成長を実感できた大会だったと思う。
地域活性を志して、一定の成果を出せた事はとても嬉しいこと、来年はもっと高い志を掲げたい。

応援してくれたみなさん、ほんとうにありがとうございました。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-23 23:20 | レース活動
2012年 10月 21日

マスターズ速報

FBでリアルタイムに情報が流れるので、速報というより遅報ですね。

今年からロードレースに絞り練習してきたパン屋女将が、ロード初レースで3位入賞。
地道なローラー練習、ハローズの朝マック、そしてスプリント練習が実を結びました。

おめでとう。

b0246207_2191987.jpg




岡山勢では、4部で安東さんが見事ゴールスプリントを制して優勝。

1部で青江さんが、独走逃げ切りのぶっちぎりで優勝。

b0246207_219325.jpg

b0246207_2192848.jpg


やはり練習仲間の活躍は嬉しいものです、また来年もいい思いができるように頑張りましょう。



私? 懺悔、連覇出来ませんでした。来年は元チャンプらしい男走りを誓います。(-_-メ)
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-21 21:11 | レース活動
2012年 10月 19日

10/20~21 今週末の予定

マスターズ参加の為、週末の練習会はお休みです。

このところ多くのお客様から、「頑張って!」「2連覇」と応援の声を頂いています。

ありがとうございます。

期待してもらえることは大変嬉しいもの、今年もまた応援を力にさせてもらいますね。(*^^)v
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-19 07:24 | 塾長の独り言
2012年 10月 17日

ぎりぎり間に合った

もうブログを書く余裕すらないこの頃…   すみません全国200万人のファンのみなさんm(__)m


いよいよ週末に迫るマスターズ。今日、対策練習の仕上げが終わった。
7日の高梁ヒルクラの伴走でちぎれたことで、もう間に合わないかも…とも感じていた。


もとはといえば、

7月に突然の夏バテから、すっかり練習ができなくなり長引き、基礎パフォーマンスが
低下してしまい、9月の気温が下がったころには弱くなっていたということ。

先月20日の最速店長選手権、その時なりには頑張ったけどパワーデータは好調時からは
考えられないくらい低い数値が残っていた。もみの木耐久では、心肺のきつさを実感。
そして前記のヒルクラでのお粗末さ。

対処療法的ともいえるが、やるべきことを積み上げるしかなかった。
しかしこれには、独りでは無理で共に走る仲間がいてこそ実現する。
チーム練習、朝練習、そしてプッチモニ
挫けそうになりながらも、共に頑張る仲間のお蔭でここまでやれた。
この1週間で劇的に調子は上向いて来た。

今年、年初の目標として、マスターズの連覇を目指すことは明言してきたが、
別軸でもっと岡山のローディーを応援するということ…

この1年岡山のローディーは、目覚ましく伸長したと思う。
プッチを代表とすれば、80回を超える朝練習。
早島にも10名単位の集まり…昨年では考えられない盛り上がりだ。

各レースのリザルトが物語るように、きちんと勝負に参加できるようになったのだ。
これは、私の応援の枠からいい意味で自立して、それぞれに高めあい走る風土が出来たから。
私は、また違う目標設定が要りますね。

仲間達の成長で確信したこと…

限界は自分が作るもの、意欲あるものに限界はない。


マスターズへ参加する仲間たちとともに高知で走れることに感謝している。
周りの支援なくして今は無い、その気持ちを忘れずにスタートにたつ。
ディフェンディング・チャンプの誇りとともに。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-10-17 18:49 | 塾長の独り言