遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

FUJI BARRACUDA

ファッション系ロード入門車ですね。

なかなか洒落てます♪


b0246207_8565847.jpg
b0246207_8573553.jpgb0246207_8572669.jpgb0246207_8571695.jpg
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-31 08:58 | 新着バイク
2012年 05月 30日

5/30(水) 定休日M練  吹屋にふられて~


近視の方、サングラスも度入りにしましょう。

福山のgitanさんから、奥出雲へ蕎麦食べに行きましょうのお誘いを頂いたのですが、
福山から100km弱…って、うちから往復300kmじゃん! 無理無理~と思い

今日は鷹さんがお休みなので、2人でがっつり山岳練習へ出た。

吹屋ふるさと村から、神石高原へ抜けて200kmオーバーくらいいくか…なんて
思いながら快調に成羽へ、吹屋へ向うのに綺麗な道路でなく旧道を選んだのが…

枝道へ入ってしまい、完璧に林道レベルの道になる…また斜度がきついのなんの…
たぶん12~14%くらいか…必死で登り切り県道へ。
逸れた鷹さんを迎えにそろそろと林道を下る、その急な斜度の下りで…

石?もしくは枝?にのっかり、ジャクナイフが決まる!(ToT)
火花が散った…
※要は暗い林道で凹凸が見えんかったんですね。

鷹さんへレスキュー電話をして、合流後に成羽へ下り病院直行。
なんと定休日ではありましたが、迅速に対応頂きプチ処置を終え解放。
吹屋に未練がありましたが、川上町から神石高原経由で井原、鴨方へ
予定の200kmは未達でしたが、無事帰還。

帰宅後、妻と子供の白い目が…。


◎今日の反省から…
クルマの免許は、ギリギリ裸眼でOK。しかし、路面の細かなところが気になるこの頃でした。
サングラスの内側につける度入りは重いので敬遠していたのです。
で、速攻メガネ屋へ行ってみたら、なんとスポーツサングラスに対応する度入りレンズが
簡単にできるらしい!即買いです、納期は1ヶ月らしいですが。

納品後にまたレビュー書きます、みなさんもどうでしょう。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-30 20:22 | ロード上級・M練
2012年 05月 30日

J戦士のレースカー

WAVEで数少ないJライダー

旧車で苦戦していたようですが、今季ついに新車を投入。

先日の八幡浜で実戦投入! すばらしいパフォーマンスだったようです。


やはりレースカーはオーラがありますね。


b0246207_176871.jpg

b0246207_1762851.jpg
b0246207_1763850.jpg
b0246207_1765426.jpg
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-30 17:07 | 新着バイク
2012年 05月 29日

5/29(火) 酸欠痔獄!?プッチモニ


ああ、4時起きは無理がある。

まともに練習するには、6時間の睡眠は必須だけど5時間ほどだと寝起きが辛い。
走りだして身体が重い時でも、走れる時もあればその逆もある。
人の身体は不思議だ。※自分の身体ね

昨日の朝マックライドで、久々に調子の良さを感じていたので、楽しみにしていたが…
今日の変態は6人、D241さんはキャノのEVO新車のプッチ初投入!
※既に実践投入済み

私は、EVOのプッチ・デビューWINを阻止すべく、気合いを入れての参加だ。

どんよりした空気が重たい、Kステージは平凡なTIMEなのに身体はきつい。(沈)

Rステージ、序盤の緩斜面からD241さんの独り牽き、お粗末ながらツキイチ状態。
ゴール前の平坦区間で奇跡的に回復して、前へ出る。しかし、すぐ捲られるが
ゴールは無酸素もがきで、なんとか先着。

たぶん、コースレコード。

直後の三段坂、二段目からD241さんがグリグリ進む。耐え凌ぎケツに張り付く。
最後の最後で先行、究極の悶絶我慢大会。
し・し・死んだ

この後の、下り・平坦はもうついてくのみ。
最後のK山登り、序盤の激坂区間で先行しようと試みるが、全員同じで並走(笑)
赤マドンさんが抜きんでて、D241さんがマーク。2人が抜けでる。
じりじり追いかけ、赤マドンさんをパスするもD241さんには離された。

いつもどおり、ピークで別れる。
最近に無いダメージ、自宅にたどり着きベッドで二度寝(笑)
ほんま、きついねぇ~
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-29 22:42 | ロード上級・M練
2012年 05月 28日

5/27(日) M練 由加参り♪


遭難者ゼロでした。

ハード系フェイズに移行したM練、メンバーの殆どが初めての由加山コースへ。
通称:YCSCだ。

鷹・クローバー・Tyousan・タケッチ・丸福・hori・モリワケ
b0246207_97326.jpg




長くない登りを駆け上がりを繰り返し、走行距離を抑えて標高を稼ぐ効率の良いレイアウト。
また里山のような細くテクニカルな道路は、テクニック向上や集中力を鍛える。

コースを知らないがゆえに、抑え気味になるのは仕方がないが
ここは各登りでどれだけ限界で走り、すぐまた次の登りで頑張れるかがポイントになる。

今年、ブレーク中の赤マドンさんも昨年はどれほどここで苦渋を味わったことでしょうか。
苦しむ数と量以外に強くなれる手段は無いと思います。(V)o¥o(V)

登りでは、どうしてもバラけますが、
各メンバーがそれぞれにレベルアップを果たし、大きな遅れは無くなっています。
自信を持って走りましょう!

b0246207_975110.jpg





来週は、数値で測るファンタジアTT!
楽しみですね~
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-28 09:09 | ロード上級・M練
2012年 05月 28日

ハード・トレ後の回復促進のための習慣とは?

しっかりトレーニングし、効率的に回復させ、
また練習するために。



■練習終了後30分以内に回復食を食べる

運動後30分以内に炭水化物を摂取することで、ハードな練習で減少した筋グリコーゲンを速やかに回復させることができるといわれている。同時にプロテインを摂取することが回復促進に効果があるという研究結果もあるので、プロテインも併せて摂取するのもおすすめだ。


■昼寝をする・昼寝できない場合は早めに就寝して長めに眠る

回復食を食べたあとに60~90分程度昼寝をする。睡眠は謎に満ちたメカニズムで完全に解明されてはいないものの、「成長ホルモンの分泌増加」や「神経細胞の回復促進」などを通して疲労回復を促進させる効果があり、回復の中ではひじょうに重要な役割を果たしていると考えられている。
昼寝の際は、足から心臓に戻る血流をよくし老廃物除去を早くするために、足を上げる(椅子に足を乗せる)のも効果的だろう。
もし家族との関係上、昼寝できないのであれば、寝る時間を早めて長めに眠るようにする。


■ローディーにとって望ましい睡眠時間

必要な睡眠時間には個人差が大きく、約30%もの変動幅があるといわれている。しかし睡眠時間を通常より長くすることでパフォーマンスが向上したとの興味深い研究結果があることを考えると、「なるべく長い睡眠時間を確保したほうが練習効果を最大限引き出せる可能性が高い」といえるだろう。

『BASE BUIDING for CYCLISTS』では、多くのアスリートをコーチしてきた経験から、1週間の練習時間合計が10時間以上であれば少なくとも8時間、同じく15時間を超える場合は8~10時間の睡眠時間を確保するようにすすめている。逆に8時間の睡眠時間が確保できないのであれば、1週間に7~10時間以上は練習しないほうがよいともアドバイスしている。

8~10時間といった長時間の睡眠時間を確保するのは多くの人にとってかなり難しいかも知れない。しかし練習効果を最大化するためには「睡眠も練習の一環」として、少しでも長時間の睡眠を確保するよう真剣に取り組む価値があるだろう。



参考文献
HOMAS CHAPPLE著・『BASE BUILDING for CYCLISTS』・P102~103・velopress
ギャレット/カーケンダル編, 宮永豊総監訳・『スポーツ運動科学』・P306~309・西村書店
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-28 05:19 | 塾長の独り言
2012年 05月 27日

5/26(土) 中級ロード練習


吉備高原の心地よさを感じながら


たくさん参加頂きました。
モリワケ・美アンキ・kuni・LOOK586N・タケッチ・あきぼう・ジーゴ・クアトロ・クォータ・
あっさん・Tyousan・inu

R429を旧道から農道経由でかよう道の駅へ、まったり休憩して下加茂まで下りR429を帰る
約75kmほど。

b0246207_23202476.jpg


全体的にゆとりを持って走るが、いくぶん参加者の余裕に差がありペースが変動したのが、気になりました。
とはいえ、中級レベルになると安心して集団走行ができるのはWAVEならではだと思います。

道路脇には、花が沢山咲いてましたね。
これものんびり走らないと見えないものです(笑)

b0246207_2320384.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-27 23:20 | ロード中級練
2012年 05月 25日

M練の高強度な訳


ロードレースには、辛い練習はつきもの?!


なぜ、きつい練習が必要か…じてトレにヒントが


レースの基礎である持久力に大きく影響するのがミトコンドリアや毛細血管だといわれている。というのも長時間運動する場合には主として糖や脂肪からエネルギーを生み出すことになるが、その役割を担うのがミトコンドリアだからだ。また毛細血管には、血液に含まれる酸素などを筋肉へと送り届ける役割などがある。ミトコンドリアや毛細血管を増やすためのトレーニング方法としては、LSDやLT付近での練習(L2~L4辺り)がよく知られているが、これにはちょっとした注意点がある。

それはミトコンドリアや毛細血管は使った筋繊維でしか増えないという指摘がある点だ。

「使った筋繊維」というと少し奇妙に感じられるかも知れないが、人間の筋肉には発揮する力の大きさに合わせて動員される筋肉の種類が変わるといった性質があると考えられている。

例えばLSDやLT付近といった比較的低い運動強度の場合は、主に遅筋繊維が動員されている。つまりLSDやLT付近でだけ練習している場合、遅筋繊維についてはミトコンドリアの増大や毛細血管密度の向上といった効果が期待できるが、速筋繊維はほとんど動員されていない(使われていない)ので、ミトコンドリアと毛細血管のいずれもほとんど増加しない可能性がある。

それでは速筋繊維のミトコンドリアや毛細血管を増やすためには、どうしたらよいのだろうか。

速筋繊維の動員比率が高まるのは、LTやFTPを超える高い運動強度(例:L5以上)*といわれている。よって、そういったLTやFTPを超える高強度のトレーニングを実施することが効果的と考えられる。速筋繊維のミトコンドリアや毛細血管が増え遅筋的性質を持つようになれば、結果としてLTやFTP向上につながるだろう。

*速筋繊維が動員されるような運動強度では、遅筋も引き続き動員されるので遅筋繊維を鍛える効果もある。

L2~L4といった比較的低強度のトレーニングとL5以上の高強度トレーニングが組み合わさった構成にすることで、遅筋と速筋の両方にバランスよく運動刺激を加え、LTやFTPを効率的に伸ばすこと目指したい。




参考文献:八田秀雄著・『乳酸を使いこなすランニング』・P117, P122・大修館書店
     長谷川裕著・『スポーツ動作と身体のしくみ』・P76~77・ナツメ社
     ハンター・アレン アンドリュー・コーガン博士共著・『パワー トレーニング バイブル』・P79, P176
     OVERLANDER株式会社
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-25 08:24 | 塾長の独り言
2012年 05月 24日

今週末の走るイベント情報

26日(土) Rフジワラの中級ロード練習

70㎞目安で吉備高原にでも行きましょう~
※3時間くらいかな

集合:WAVE
時間:7時


27日(日) RフジワラのロードM練

中国ロード対策の追い込み練習です。
久々にYCSC(由加山)にでも行こうかなと思います。
~100㎞

集合:早島サンゲツ横パーキング
時間:6時30分


※どちらも、HPの練習コーナーに掲載します。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-24 22:09 | イベント情報
2012年 05月 24日

プッチで思考停止!


3日連続ガチ練習は効いた…


昨日の練習後、しっかり休日したので回復したような気がして。
4時起床、プッチへ参加。
本日は8名、早朝から変態の集い♪ バカ野郎です(笑)

結果からいうと、限界を超えると蜃気楼が見える。
序盤こそそれなりだと錯覚するような感じでしたが、登りはD241さんに金魚のフン。
下りは千切れ…平地はツキイチ…ダメだぁ~
最後だけ、痩せ我慢の極致で走る。

それにしても、メンバーの意欲は素晴らしい!


今日は仕事にならず、頭が真っ白で1日が過ぎてゆきました。
明日はオフかな。
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-05-24 21:46 | ロード上級・M練