遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 60 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

BIKE FIT講習

ロードバイク界で主流のフィッテイング理論を学びました。


WAVEでは、実は既にイケドンが先行して、プロフィッターとして認定されているので、
店長・河上・私の3名が今回受講し、早期に質の高いフィッテイングを実施してゆきます。


講習のポイントは

「BIKE FIT講習会」を主催するのは、BFS社製品を取り扱う日本代理店の株式会社サンメリット。
同社代表の伏見氏は、そのBFS社の公認プロバイクフィッターの資格を取得した初めての日本人。

講習内容は、アメリカの講習会同様に、講義と実践形式の2本立で行われている。
受講者は1回の講習会につき3名という少人数で行われる。それぞれが持ち込むバイクで、
講師の指導のもとベストなフィッティングを受講生自身が導き出すというロールプレイ方式で行われる。

レーザー機器をバイクフィッティングに採用するのはBFSのノウハウで、受講生は正しい使用方法をマスターする。
「目測などあいまいな点を洗い出し、説得力あるフィッティング理論をお客様に伝えることが、フィッティングサービスでは重要だ」
と伏見氏は言う。
学説で証明された理論を取り入れてフィッティング作業を指導するBFS社のフィッティング方法は、
アメリカをはじめ世界中の自転車業界と医療関係者に支持されている。

《実践形式によるバイクフィッティング》
・米国バイクフィットシステムズ社公認教材による講義
・少人数でのロールプレイ方式の実践講義形式
・バイクフィットシステムズ社の測定器 FFMD、ゴニオメーターの正しい使用方法
・ステムサイジング器の正しい使用方法
・レーザー機器によるフィッティング方法
・バイクフィットシステムズ製品(クリートウェッジ製品)の正しい使用方法


「現在日本ではフィッティングに関する情報・意見で溢れ、ショップあるいはユーザーが持つ持論が一人歩きしている状況にあるため、
混乱している状態にある」と伏見氏。
「こういう時代だからこそ、正しいバイクフィッティングを知るべきではないか。BFS社の理論では
特に軽視されがちなペダル・クリートの設定は、足の円運動で行う自転車では最も重要です」と言う。



◎理論を学んで
1Dayの講師出張形式による講習で、集中して取り組めた。
また日頃から仲間である3名のローテションによる、参加型ということもあり取り組みやすさもあり
今後の復習も効果的に行えると思う。

基本的なポジショニングの出し方、ポイントを確認できたのは勿論、一番の収穫はこの理論のポイント
になる、クリートのセッテイングとペダリング時における膝の可動に大きな影響を与えていること。
僅かな調整で、それが大きく改善できることを実践で確認できたことだろう。


3名三様の状態もあり、特に店長の調整幅が大きく非常に効果的に学べたと思う。
私自身も、楽しみであり、また不安な部分もあったが、メインの膝可動域の変動は限りなく少ないのが
確認できて、ホッとした。逆に少し長めのステムの取りつけに伴い、前方へサドルを取りつけていたが、
想像以上に前過ぎたこと。これにより、ステム長とハンドルの変更を行うことを決めた。

しかし、俗人的な理論が大きくズレてないことは立証できたものの、裏を返せばもう伸び代が無いのも事実…
複雑ですなぁ。


講師の伏見さん、遠くからありがとうございました。

b0246207_21492369.jpg
b0246207_21495367.jpg
b0246207_21501327.jpg
b0246207_21503279.jpg



















































サイクルショップ ウェーブ 
◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時〜20時 ※日・祝は10時〜19時
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-29 21:56 | 仕事の流儀
2012年 02月 29日

プレッシャーを味方にする!? ⑥

【非常識は、結果を出せば常識になる】

そもそも私は医者に、「キミはぜんそく患者なのだから、スケートなんかしちゃいけないよ、キミには無理だよ」
と言われながら、あえてスケートに挑んだ男です。
前例を鵜呑みにする習慣なんて、私にはありませんでした。別な言い方をすれば、ひねくれ者かもしれません。
今でも定番とか常識とかが大嫌いです。
よりより結果を出す為に、『非常識なこともしてみる』とはいっても、反社会的なことはいけませんが、
「他人と同じ事をやっていたら、決して他人以上にはなれない」ということです。



【目標達成への、「喜びの連鎖」 とは】

大きな目標へ向かう為には、「小さなハードル」が必要です。目標をクリアするためには、精一杯頑張る。
頑張る為には、自分に“限界”などを設定してはいけません。
「これはもう限界だ」と思うようなことをしても、一晩寝れば体が強くなってるので、翌日それ以上のことができるからです。
現役時代に、失神するまで練習したことがあります。それを知る方々からは、なぜそこまでやるのかと必ず聞かれたものです。
そこまですると、大きな達成感が得られます。なので、常に小さなハードルを用意しておいて、それを乗り越える。
そこから得られる達成感を噛みしまるようにしていました。

よく、「大きな目標に向かって努力することが大切」 と言いますが、達成できないことが多いものです。でも、小さいことならできるでしょう。
それを繰りかえすことが、達成感という満足に繋がり、高いモチベーションになっていく。それらの達成感が精神的な「芯」の強さになるのです。
小さなハードルを越え、限界以上のチャレンジを続けると、体を効率的に使う事もできるようになるし、より余裕もでてきます。
そうすれば、おのずと結果もついてきて、また頑張ろうと思えるようになる。頑張り続けてきて得られたことは、そういう「喜びの連鎖」です。


現在は、大学院で学びながら仕事もしています。よく 「大変ではありませんか?」 と聞かれるのですが、それは大変です。
でも、自分をいっぱいいっぱいの状態に追い込んでおくほうが、そこでもがくことができるじゃないですか。
逃げたくなるようなことにも遭遇しますが、もがく中から様々なことを掴み取ることができると思っています。




あくまで私見です…
スポーツでも仕事でも同じだと思いますが、無理めの目標に対して努力しなければ、決して能力は向上しないと思います。
トレーニングでいうと、緩い事をひたすら沢山したところで、能力(天井)は伸びない(高くならない)ということです。
負荷を掛けそれに慣れる、慣れなければ慣れるまで続ける、そしてまた負荷を掛ける。その継続でしかないと思うんです。

もっというと、負荷が掛けれなくなったところが、その人のできうる限界なのでしょう。*能力の限界でなく意志の限界



つづく



サイクルショップ ウェーブ 
◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時〜20時 ※日・祝は10時〜19時
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-29 00:07 | 塾長の独り言
2012年 02月 28日

プレッシャーを味方にする!? ⑤

【 「意思決定力」 を生むために】

人生にはトライが不可欠。自分なりに経験を積んで行くこと、それが大切です。
よくスポーツ選手は「意思決定力」が非常に強いといわれます。でもそれを鍛えるには、それなりの経験が必要です。
経験があってこそ、洞察力や先見性が身に付くわけです。
経験・洞察力・先見、この三つが備わって初めて意思決定力が生まれてくる、ここで勝負しょう!というのがわかるということ。

経験を蓄積してゆくためには、失敗してもいいからトライしてゆくしかありません。
こうした経験を積んでゆくなかで、初めて「創造性」というものは身についてきます。

創造性とは、過去の経験をかみ砕いて自分なりに再構成、再構築し組み立てていくもので、それが決断力へと繋がるものだと実感しています。



【運は 「心がけ」 次第】

創造性を養っていくために、普段から気をつけていることがあります。
それは、「心がけ」です。

みなさんは、ホテルやレストランへいったとき、何をみますか?
例えば、最高のサービスを提供するところは、グラスの出し方、水の注ぎ方ひとつとっても違います。
サービスの提供する側の立ち振る舞いをみることも日常で心がけておきたことです。
こうした心がけで生まれてくるのは、創造性だけではありません。

「ついている」「ついていない」、「私は持っている」…こうした「ついている」を引き寄せる為にも、
いかに自分がいろんなものにアンテナを立てていくかが鍵になる。
「心がけ」を積み重ね、努力してゆく事によって運は運び込まれてくるのだと、引き寄せる事になるのだと信じています。





沢山の秘訣が続きますね…  

えっ?精神論…  うーん、そうかもしれませんね(笑)
ある一定の経験を積んで、ようやく解る事ってありますよ。

私もこれが、30歳でわかってればねぇ~人生違っていたかもしれません(爆)


つづく
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-28 00:03 | 塾長の独り言
2012年 02月 27日

今週は充実週です

2月も気づけば、あと2日。
毎年思うが、逃げるとはよく言ったものですね。


年度末は、ほんとうに気忙しい…。

29日はいよいよ、予定していたフィッティング理論の講習会。
1日缶詰で勉強ですが、ハードディスク容量の少ない頭にどうやって詰め込むかが問題。
当初は東京まで始発の新幹線の予定でしたが、講師のほうが出張講習となりまして、
ほんまに助かります。

インストラクターをしていて、ほんとうにポジショニングの重要さをつくづく実感してますので、
みなさんに、フィードバックさせていただきますので、楽しみにしておいてください。


ところで、最近思うこと…

先日も、吉備路マラソンや東京マラソンがあったけど
身近なところで、マラソンやランニングをする人が、とても増えたように思う。
お客さんもそうだけど、前職関連で異様に目立つ。
これって、なぜだろう?と思っていて、動機を聞いてみたいんですよね。
みなさん、なんでマラソンするんですか?


またトライアスロン始める人も、とても目立ってきていますね。
こちらも単純に興味があるが…。

そういえば、ロードバイクに乗る人も増えてますよねぇ、お陰さまで充実しております。


さてバイク練習のほうは…

週2回の朝マック(水・金?)

週末は、2週間後に迫った、エンデューロ対策の人口島練習など。



サイクルショップ ウェーブ 
◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時〜20時 ※日・祝は10時〜19時
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-27 21:39 | 塾長の独り言
2012年 02月 27日

プレッシャーを味方にする!? ④

【長い準備期間をいかに過ごすか】

私はスケーター以降の人生を考えるのに1年間と費やした。それは、決して長く感じませんでした。
なぜなら、オリンピックを目指してきた人間には、4年間のスパンで物事を捉える習性があるからです。
満足できる結果を残す為には、最低でも1年単位で考え、準備するのがアスリートの常識です。
つまり、1シーズンの試合をこなすためには、1年間の練習が必要なのです。
準備期間中は、「今は準備段階のトレーニングなのだ」という意識でいるから、不安や焦りはない。



【与えられた課題プラスアルファの法則】

何かひとつの事を続けてゆくには、そのことに対する強いモチベーションが必要です。
現役時代は「プラスアルファ」がモチベートの手法・手段でした。
学生や選手ですと、常に指導者から「これをやっておけ」という指示が出され、当然選手はそれをするわけですが、
その指示の範囲しかやらない人間は、決して成長することはありませんでした。
反対に、与えられた練習メニューを充分に考えながら行い、それ以上のことに取り組む人は、しっかり結果をだしている。
与えられた課題プラス何かを、1日に1分でも1 秒でもいいから積み重ねると、365日後には大きな差になって表れるからです。

このようにモチベートするには、明確な目標を揚げることが最適。物欲も重要な要件でしょう、欲しいものを箇条書きにするのもよいですね。
一般的にも言われますね、「キミは3年後に何をやっていたいか考えて行動しろ」と。



【スポーツ選手の能力の社会還元】

ナショナルチームで競技していたような選手は、引退したらその経験や技術を次の世代に伝えるのが使命だと思います。
ところが、現在の社会はオリンピック選手が子供たちにストレートに伝授できるシステムにはなっていない。
能力の社会還元がしにくい社会なのです。

例えば、静岡でサッカーが盛んなのは、世界で活躍した選手が地元に戻りボランティアで子供にサッカーを教えたから。
そして有力な選手が輩出できたから。
名古屋でフィギュアスケート選手が多いのも同じ理由です。

僅かの成功事例はあるが、全国的にみれば世界レベルのノウハウを後世へ伝えることは、ビジネスとして成立しにくい社会なのです。
どうしてか?
スポーツの持つポテンシャルの認知度が、まだまだ充分に伝わってないからでしょう。
こうしたスポーツ振興の体制が確立されれば、子供の健全育成にも役立ち、医療費の削減へ貢献するはずです。
選手の社会活動は、そのスポーツ自体の付加価値アップにもつながると思います。




私(Rフジワラです)は、今まで長期的な目標を持つのが苦手でした。短いスパンで目標を決めて取り組むほうが、
結果が出やすかったから。バイクですと、練習プランは1年タームでしょうね。

今では、仕事で数年先まで青写真を描けるようになりました。※あくまでイメージレベルですが
清水氏とレベルは違いますが、
私もまた岡山でスポーツバイクの持つ可能性を、認知してもらうことに努めたいと最近になり思うようになりました。
自分自身に課題プラスアルファで頑張りたいと思っています。


つづく




サイクルショップ ウェーブ 
◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時〜20時 ※日・祝は10時〜19時
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-27 07:30 | 塾長の独り言
2012年 02月 26日

2/26(日) ロードM練 with チーム岡山

今日は地元の総社で年に一度のイベント、吉備路マラソンの日
交通規制やらもあるので、練習は児島半島へ。

先週くらいから、気温が上がりだした。
やっと指先の痛みから解放され、ほっとしている。

今日はプロパー(赤マドン、鷹、丸福、tyousan、クアトロ、SLT)よりゲストが多いくらいで、
チーム岡山から4名(みむt、カイル、中西、藤井)とダックスhikasa、早稲田大のGさん(女性)
を迎え、児島半島スペシャルコースへ。

風がいつもより一定でなく強め、灘崎を抜けR30を田井までアップ基調。
その後、じっくりローテでペーシング走行。郡までの区間はしっかりベーストレできた。
八浜から彦崎への農道では、強風なか強度があがるがしっかりローテで対応。
そして、広江から鷲羽山までがハイライト区間。
残念ながら、途中の信号で今日もインターバル、しっかり追い込めず…
それでも鷲羽山ハイランドまでは、がっつり我慢比べ大会でしたよね(笑)

唐琴でうどんを補給して、渋川~荘内~灘崎経由で帰る。
ここもしっかり向かい風。
地味~ですが、我慢して走る区間になりました。ありがとうございました。

今日は、昨日ポジションを変えた赤マドンさんや藤井さんの好調さが目立った。
とはいえ、多くのメンバーがしっかり冬場に走り、レベルアップが見て取れる。
いよいよ、3月も近いし本腰入れて練習しなければならないな、と実感した。

早稲田のGさんも、登坂力は目を見張るものがある。
流石に軽量級なので、平地はきつそうだったが児島半島をぐるりとついてくるあたりは流石だ。
学連での活躍を期待している。

また、久々に練習を共にした中西さんからは、貴重なフィードバックも頂いた。
ありがたい1日でした。
みなさん、また参加をよろしくお願いします。

b0246207_2130778.jpg
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-26 21:30 | ロード上級・M練
2012年 02月 26日

プレッシャーを味方にする!? ③

【メンタルリハーサル】
清水氏がビジネスマンとして初めて、1万数千人もの人へ講演したときのこと。

できるだけ自分を客観的に捉える為に、いくつかのことを実践しました。
事前に会場へ行って、観客席に座り演壇を眺めたのです。
自分がその会場で講演している姿をイメージする。
「僕はあそこで話すんだな」と、客観視するように努めたのです。

このようなリハーサル能力は、様々なシーンで大いに役に立っています。
いろんな状況を想定したシュミレーションをすることができますから。

こうして、体と精神をリラックスさせると、講演の流れが掴めてくる。流れがわかると、
その後の対処法も用意する余裕ができます。
実際の講演では、話の途中で用意したシナリオを失念してしまいましたが、
そうした事態への対処も考えていたので、パニックにならずまとめることができました。



【自分を 「意識のペン」 でなぞる】
緊張をほぐしたり、集中するために自分の体を意識のペンでなぞる方法があります。

これは、頭の中にイメージのペンを持って、体のラインを意識しながら、
そのペンで頭のてっぺんから顔、首、肩、腕、指先…となぞっていくという方法です。
足までいったら今度は反対側へ移り、頭のてっぺんまで戻ってくる。

これをすると、意識を目的に集中できるようになります。私は3周させています。

これ、精神安定作用があって、寝る前にやればストンと深い眠りに落ちる事ができるそうです。
意識が脳でなく体に集中するから、楽に眠れるようになる。少なくとも羊を数えるよりは。


つづく

b0246207_23182262.jpg

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-26 00:11 | 塾長の独り言
2012年 02月 25日

キタ-- - \(゜ロ\)(/ロ゜)/

ご本人のブログより先に掲載したかったが…

イタリア直輸入の激高バイクが到着した。


b0246207_22162652.jpg



なんなんでしょうね…この存在感は。私の純白のC59は別物に見える…。
白と黒…チーム・オセロでもつくろうか。

全容は完成まで、待て!



b0246207_22223039.jpg


そうそう、新聞にWAVEの記事が…トラやらマラソンは取材されても、
ロード隊って、何もないよね~ なんなんでしょうね?この待遇!

今年も嵐のロード隊になるで!

この写真、店長気に入らんかったらしいけど、何が?




サイクルショップ ウェーブ 
◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時〜20時 ※日・祝は10時〜19時
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-25 22:23 | 新着バイク
2012年 02月 25日

プレッシャーを味方にする!? ②

【神経が研ぎ澄まされた感じ】
本番寸前まで、マッサージしたりストレッチしたりする選手がいます。そうした選手は概して成績が悪い。
準備は30分くらい前には終えて、何もしない状態、頭と体を真っ白な状態にしてレースに臨むほうがいい結果に繋がることに気づいた。

過度なプレッシャーは排して、適度な緊張が大事です。それにより、筋肉は骨を包み込み弾力がでてくるものなのです。
筋肉がそのように反応するのは、適度な緊張のときだけ。神経が研ぎ澄まされると、だんだん体にも張りが生まれるようになる。

神経が研ぎ澄まされた感じとは? 

一点に集中しているが、全体が見えている…体は落ち着いているが、感覚は敏感になっている、そんな状態です。





【プレッシャーに向き合う方法】
過度に緊張すると筋肉は硬直してきます。
そうなると関節の可動範囲も狭いままで、体を思うように動かせない。適度な状態にほぐすことが必要になります。

体のどこか1ヶ所でいいので、ダランとほぐしてやると効果的。連鎖反応で他の筋肉もほぐれてきます。
疲れて疲労物質(乳酸)がではじめたら、例えば指を動かすと溜まっていた乳酸が流れ出すようになります。
体のどこかを動かすと、循環がよくなるんですね。
部分的にできるようになれば、体全体、最後は内臓までリラックスを感じれるようになる。

これは、医療現場でも使われる手法。うつ病とか自律神経失調症の治療に使われています。
※体の一部は先端が効果的のようです


つづく
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-25 20:33 | 塾長の独り言
2012年 02月 25日

プレッシャーを味方にする!? ①

スピードスケートの五輪・金メダリスト・清水宏保の本にハマっている。

「プレッシャーを味方にする心の持ち方」だ。
どのスポーツであれ、超一流の人はやはり違う。そのエッセンスを紹介します。

身長が160cmたらずの決して身体に恵まれていたわけでない彼が、現役絶頂期には世界記録保持者であり、
ゴールドメダリストにもなった、その訳が少し理解できた気がしました。
競技者の端くれとして、またインストラクターとして、少しでも見習い取り入れていきたし、常々アンテナの感度を高めてゆきたいものです。

※エッセンスは、原文に近い形で載せています。



【プレッシャーはサプリメント】
選手として世界を転戦したいたころ、年間に何十というレースを戦う中で身体は常に緊張状態でした。
全てのレースを同じテンションで戦うことはできないので、
「記録を狙うレース」もあれば、はじめから負けを前提とした「捨て試合」もある。
その違いはどこにでるかというと、筋肉のハリです。人間はプレッシャーをかければ自律神経が高まり、筋肉も張ってくる。

人の筋肉は、柔らかすぎても硬すぎてもいけない、ゴムや毬のような弾力性ある状態がベストなんです。
適度なプレッシャーは、身体によい影響を与え顔や体も引き締まっていく、緊張感のない生活をおくるとハリがなくダランとした体になる。
ただし、緊張しすぎはダメです。心と体のバランスが崩れて気持ちが先行し、空回りしてしまう。

それにはどうするか?
“リラックス・ポイントをつくること”
どうすればリラックスできるか?と考えたり、今体が緩んでいるなというの体感して覚えておく。
プレッシャー(緊張)があると交感神経が働き、リラックス(弛緩)していると副交感神経が働く。
緊張と弛緩を繰り返して “ゾーン” といわれる潜在的な能力が発揮できる領域に入ることができる。
こういう時に、神経は高ぶっているが肉体はリラックスしていて、良いレースができるのです。

これは、アスリート特有のものではなく、ビジネスシーンでも同じ。
みなさんも “ゾーン” に入ることができる。だから「プレッシャーはサプリメント」なんです。


つづく



サイクルショップ ウェーブ 
◆笑顔であなたのサイクルライフをサポートします◆ 

●住所  〒719-1131  岡山県総社市中央4-1-103
●電話番号 0866-92-2100
●営業時間 10時〜20時 ※日・祝は10時〜19時
●定休日 水曜日
http://www.cs-wave.com/

[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-02-25 00:20 | 塾長の独り言