遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 19日

MIYATA GS


古き良き80年代を回想させるバイクだ。


私がロードバイクに出会った80年代は当然クロモリ全盛で国内メーカーも沢山存在した。
宮田工業はレーシングチームを持つ歴史あるメーカーのひとつ。当時ファクトリーチームと言われ、現在の実業団P1クラスに類推されるカテゴリーのチームに、ロード界の第一人者と言われた故・森幸春さんや高橋松吉さん、そしてキング三浦恭資さんらがいた。
レースで活躍する姿を専門誌を眺めては憧れたあの頃…このマシンのカラーとは厳密には違うのだけど、チームミヤタのブルーは少年の心に強く焼き付いている。

いつしかミヤタはスポーツバイクの扱いを縮小し、何度かの廃部と復活を繰り返したレーシングチームは、今存在しない。

そんなミヤタが最近クロモリバイクをいくつかラインナップしている。

b0246207_18320853.jpg
b0246207_18320514.jpg
b0246207_18320234.jpg
b0246207_18315843.jpg
イタリアンカットラグ、既製品にしたら綺麗なショートポイントですね。

b0246207_18315295.jpg
b0246207_18314824.jpg
ボトル台座に補強まで…泣かせますね~(笑)

b0246207_18314211.jpg
エンドは今どき珍しいロードエンドを採用、やはり雰囲気が違うな。

b0246207_18314532.jpg
b0246207_18313908.jpg
b0246207_18313647.jpg
随所に刻印があり、こだわりが見て取れる。

b0246207_18313156.jpg
b0246207_18310738.jpg
流れるようなベント、美しいですね。











[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2014-03-19 18:39 | 新着バイク


<< COLNAGO C60      ロード練~の練習会参加について >>