遥か吉備路のむこうへ

ipsilonf.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 20日

クランク長のはなし

b0246207_2316783.jpg

長さは慎重に

先日、クランク長を伸ばしてみたいという相談がありました。
身長173cmくらいかな、一般論で身長の1/10なんて目安があります。
現状170mm→172.5mm?
そんなもんかなとも思うはずです。

ロードバイクで、日本人の基本は170mmというのがあります。
多くの完成車もこの長さが多いですね。 ※身長160cm以下には不適でしょう

一方、ピストバイクの基本ってご存知ですか?
165mmです。
この違いは何なんでしょう。
変速機が無いので、どれだけ回せるかという部分のウェイトが大きいということ。
競輪選手などはCad200とか普通に回します。

長くなるということは、トルクがかけれるということですから
回転力が低いのをカバーできるとも思えますが、
実はレースなど変化の大きい局面では、相当な負荷になってきます。

単純に170mm→172.5mmへ変えた場合
1回転あたりの周長は、約16mm伸びます。たった?16mm。
ところが、Cad100だとすると、
1分間に1600mm→160cm、1時間だと96000mm→96mも長くなる。
長くすると、回せなくなるのはこのことです。

大きい円運動をするために、筋肉の動きが変わるからですね。

一定水準のCadが必要とされるロードレースで、
難しいところはこのあたりになるわけです。
推奨したいのは175cmくらいまでなら170mmクランクで、
高いCad×ギアでの走行を習得してから、
長いクランクへトライアルしたほうがスムーズになると思います。

では、どれくらいかというと。
私の知る限り、身長175~180cm くらいのP1クラスの選手であっても、
175mmを常用する選手は記憶にないです。

逆をいうと、マイペース低Cadで走ることが可能な、
ヒルクラ・TT・トライアスロンなどは、長いクランクが適しているのかもしれませんね。



おまけ
身長165cmの私が170mmを使うのは、実は非常に無理があります。
本当は167.5mmにしたいのですが、カンパ製品にないから170mmを見栄で使っています。
だって、格好が優先ですもん(笑)
[PR]

by ipsilon_fujiwara | 2012-01-20 00:24 | 塾長の独り言


<< 1/22(日)の走るイベント情報です      KING カズ >>